過不足税額を精算する 弥生給与 サポート情報

ID:ida24613

従業員ごとの年税額の算出が終わったら、過不足年税額を本年度最後の給与(賞与)明細書または現金で精算します。過不足税額の精算は、[過不足税額一覧(精算)]ウィンドウから行います。
また、過不足年税額を精算する前に、システムふせんはすべてはがしておく必要があります。

システムふせん(赤色のふせん)

本年度最後の給与(賞与)明細書で過不足年税額を精算します。過不足年税額を精算する前に、精算する従業員の、本年度最後の給与(賞与)明細書のロックを解除しておく必要があります。

給与(賞与)明細書のロックとロック解除方法

過不足年税額を現金で精算する場合の注意事項

  • 過不足年税額を現金で精算する場合は、本年最後の給与(賞与)明細書をロックしてから年末調整を行ってください。
  • 現金で精算する場合は、給与(賞与)明細書で精算額を確認することができません。
  • 振り込みによる還付額の精算には対応していません。
  • 不足額の徴収処理に関する弥生会計用の仕訳データは作成できません。過不足年税額の還付に関する仕訳データを作成する場合は、過不足年税額の精算作業を必ず行ってください。

過不足年税額を給与または賞与で精算する場合の注意事項

  • 本年最後の給与(賞与)明細書はロックしないで年末調整を行ってください。
    ロックされている給与(賞与)明細書では、過不足年税額を精算することができません。なお、ロックされていない給与(賞与)明細書は確定されていないため、年末調整時の扶養親族の変更などにより、給与(賞与)の所得税などが再計算される場合があります。
  • 翌年の給与(賞与)明細書で過不足年税額を自動で精算することはできません。翌年の給与(賞与)で過不足年税額を還付する場合は、 翌年の給与(賞与)で過不足年税額を精算する を参照してください。
    年末調整により計算される過不足年税額は、本年最後の給与(賞与)明細書でのみ精算できます。そのため、過不足年税額の精算が終了するまで、給与の更新処理(または賞与の終了処理)を行わないでください。
  • 年末調整年度内に支給日のある賞与が存在しない場合は、賞与での精算はできません。

年末調整ナビから行う場合は、[年末調整ナビ]-[5.過不足税額を精算しよう]を参照してください。

[年末調整]ウィンドウのナビ・メニューの表示方法

過不足税額一覧で過不足税額を精算する

  • 年末調整メニューの[年税額算出と精算]から[過不足税額一覧(精算)]をクリックします。

    [過不足税額一覧]ウィンドウが表示されます。

    「年末調整メニュー」「退職者の源泉徴収票メニュー」の表示
  • [集計]ボタンをクリックします。

    過納税額(還付額)や不足税額(徴収額)などが集計されます。
    過不足税額一覧を印刷したい場合は、[印刷]ボタンをクリックします。

    年末調整書類を印刷する
  • 集計した過不足税額を精算します。[精算]ボタンをクリックします。 [差引過不足税額の精算]ダイアログが表示されます。
  • 過不足税額を精算する従業員のチェックボックスにチェックを付けて選択します。 初期値では、未精算のすべての従業員にチェックが付いています。 既に精算をした(完了マークが付いた)従業員にチェックを付けると、前回の精算額が破棄されて、再度精算されます。
  • [精算方法を設定してください]から、精算方法を選択します。
    項目 説明
    給与で精算する 差引過不足額を給与で精算する場合にチェックを付けます。精算を行う現在の給与月度が表示されます。表示された給与月度の明細に差引過不足税額が転記されます。
    賞与で精算する 差引過不足額を賞与で精算する場合にチェックを付けます。精算を行う賞与(支給日)が表示されます。表示された賞与の明細に差引過不足税額が転記されます。
    現金で精算する 差引過不足額を現金で精算する場合、チェックを付けます。[支給日]の▼をクリックして、支給日を選択します。差引過不足税額は金種表に転記されます。
    不足額を明細に転記しない 精算方法として、給与または賞与を選択した場合に設定できます。差引不足額を給与(賞与)明細書に転記しない場合、チェックを付けます。
  • [精算実行]ボタンをクリックします。 選択した精算方法で、差引過不足税額が転記されます。 精算を実行すると、[過不足税額一覧]で、従業員の[精算方法]に選択した精算方法が表示されます。
  • 年末調整メニューの[年税額算出と精算]から、精算をした給与(賞与)の明細書、または金種表をクリックして、精算された差引過不足税額を確認します。 年末調整明細や過不足年税額を確認する場合は[年調明細書]をクリックして、表示される[年調明細個人別]ウィンドウで確認します。

翌年の給与(賞与)で過不足年税額を精算する

弥生給与は、年末調整年度中に過不足年税額を還付・徴収することを前提にしています。そのため、翌年の給与(賞与)明細書で過不足年税額を精算することはできません。

翌年の給与(賞与)明細書の「年末調整還付」または「年末調整徴収」に過不足年税額を直接入力した場合、翌年の所得税累計に反映されます。翌年の給与(賞与)で過不足年税額を還付・徴収する場合は、過不足年税額を入力するための明細項目を別途作成し、過不足税額を手入力する必要があります。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[明細項目]をクリックします。 [明細項目<項目別>]ウィンドウが表示されます。
  • [一般]タブをクリックします。
  • [支給区分]の▼をクリックして、給与で精算する場合は「給与」、賞与で精算する場合は「賞与」を選択します。
  • [項目グループ]の▼をクリックして、「その他」を選択します。
  • [作成]ボタンをクリックします。 [明細項目の新規作成]ダイアログが表示されます。
  • [名称]に、前年の過不足税額を入力するための明細項目の名称を、全角6文字(半角12文字)以内で入力します。
  • [OK]ボタンをクリックします。 [明細項目<項目別>]ウィンドウに戻ります。
  • [使用する支給形態]のすべての項目にチェックを付けます。
  • クイックナビゲータの[給与支払(または賞与支払)]カテゴリから[明細入力明細書の印刷]をクリックします。 明細入力ウィンドウが表示されます。
  • [繰越・その他]に作成された明細項目に過不足年税額を入力します。 還付の場合はプラスの金額を、徴収の場合はマイナスの金額を入力します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク