請求明細書(支払明細書)の消費税額が0円になっていたり、一部の伝票分しか計算されていない 弥生販売 サポート情報

ID:ida20344
請求(支払)明細書で[内消費税額]欄が[0]円になっている、または一部の伝票分しか消費税が計算されていない場合は、税転嫁に[外税/手入力]を選択している伝票が存在しています。

以下の手順で税転嫁が[外税/手入力]になっている伝票を検索して、修正してください。
ここでは請求明細書を例に説明します。支払明細書の場合は、[請求]を[支払]、[売上]を[仕入]、[得意先(請求先)]を[仕入先]と読み替えて作業してください。
※『弥生販売 スタンダード』には仕入伝票、支払明細書の機能はありません。

今回は請求先:「H001 ハマ屋 株式会社」の[20**年12月31日]分の請求書に消費税が正しく計算されていなかった場合を例に説明します。


請求締切の取り消し手順

  • [売上]メニューから[請求締]-[請求締切の取消]をクリックします。
  • 消費税が計算されなかった請求先の締日を指定します。 ここでは[20**年12月31日]とします。
  • [集計]をクリックします。
  • 集計結果から、今回消費税が計算されなかった請求先[H001 ハマ屋 株式会社]の[行セレクター]をクリックして選択します。 請求先を複数選択する場合は、[Ctrl]キーを押しながら行セレクターをクリックします。
  • [締切取消]をクリックします。
  • 「選択された請求先の締切を取り消します。よろしいですか?」の画面で、[はい]をクリックします。

    請求先が集計されない場合は、[締グループ][締日]が間違っていることが考えられます。該当の請求先の請求明細書画面で[履歴表示]をクリックして、締日の確認を行ってください。


売上伝票を修正する場合

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[得意先への売上]をクリックします。
  • [検索]をクリックします。
  • [検索条件]が表示されます。 売上日に今回の請求に含まれる伝票日付[20**年12月1日~20**年12月31日]を指定します。
  • [取引区分]は[掛取引]のみチェックを付けます。
  • [税転嫁]は[外税/手入力]のみチェックを付けます。
  • [請求先]は消費税が計算されない請求先を選択します。 今回は[H001:ハマ屋 株式会社]とします。
  • [入力者]は[全入力者分]を選択します。

    ユーザー設定を1ユーザーしか登録していない場合は、[入力者]欄はグレーアウトで選択できません。

  • [検索]をクリックします。
  • [検索結果]に税転嫁が[外税/手入力]になっている伝票が表示されます。
  • 伝票を選択して、黒く反転させます。
  • [ズーム]をクリックします。
  • 売上伝票の画面が表示されます。 [締切]が[未請求]になっていることを確認します。
  • [承認機能]を使用している場合は、[承認状態]が[未承認]になっていることも合わせて確認します。
    [承認済み]と表示されている場合は、[承認の取消]を行ってください。

    ※『弥生販売 スタンダード』には伝票承認機能はありません。

  • 伝票の税転嫁の[外税/手入力]をクリックするとプルダウンメニューが表示されます。 [外税/請求時]を選択して、[登録]をクリックします。
  • 売上伝票画面を閉じます。
  • 請求締切を行います。
  • 請求明細書に消費税が正しく計算されているかどうか確認してください。

仕入伝票を修正する場合

  • クイックナビゲータの[仕入在庫レポート]カテゴリから[仕入明細表]をクリックします。
  • [条件設定]をクリックします。
  • [条件選択]で「仕入明細表」を選択します。
  • [絞込]タブをクリックし、[仕入先]の[…]をクリックします。 [仕入先参照]画面で該当の仕入先をクリックして、[OK]をクリックします。
  • [期間]タブをクリックし、仕入日に今回の支払書に含まれる伝票日付[20**年12月1日~20**年12月31日]を指定します。
  • [OK]をクリックします。
  • 集計結果で[税転嫁]が[外税/手入力]の伝票を確認します。
  • [税転嫁]が[外税/手入力]の伝票の[仕入先コード]をダブルクリックします。
  • 仕入伝票の画面が表示されます。 [締切]が[未締切]になっていることを確認します。

    [承認機能]を使用している場合は、[承認状態]が[未承認]になっていることも合わせて確認します。
    [承認済み]と表示されている場合は、[承認の取消]を行ってください。

    ※『弥生販売 スタンダード』には、伝票承認機能はありません。

  • 伝票の税転嫁の[外税/手入力]をクリックするとプルダウンメニューが表示されます。 [外税/払締時]を選択して、[登録]をクリックします。
  • 仕入伝票画面を閉じます。
  • 支払締切を行います。
  • 支払明細書に消費税が正しく計算されているかどうか確認してください。

税転嫁が[外税/手入力]に変更される原因

税転嫁が[外税/手入力]になる原因として以下が考えられます。

原因1:税転嫁を直接変更した場合
原因2:明細部の[内訳]を[消費税]に変更して、下記のメッセージが表示された際に[はい]をクリックした場合

明細部の[内訳]を[消費税]に変更すると、それにともなって税転嫁が[外税/手入力]に変更されます。

上記のメッセージで[はい]をクリックした場合、明細部の[内訳]を[消費税]から[通常]など[消費税]以外の内訳に戻しても、税転嫁は元の[外税/請求時]には戻りません。
税転嫁をクリックして内訳を誤って選択して上記のメッセージが表示された場合は、[いいえ]をクリックしてください。内訳変更の操作がキャンセルされます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク