弥生販売で書き出した仕訳を弥生会計(やよいの青色申告) 22で取り込もうとすると「不正な行が存在するため、インポートできません。」とメッセージが表示される 弥生販売 サポート情報

ID:ida26726

弥生販売で書き出した仕訳を弥生会計(やよいの青色申告) 22の「弥生シリーズからの仕訳取り込み」や「インポート」で取り込もうとすると、以下のメッセージが表示され取り込めないことがあります。
「不正な行が存在するため、インポートできません。インポートを中止します。」

弥生会計(やよいの青色申告)での仕訳を取り込む方法とご使用の弥生販売のバージョンによって、対処方法が異なります。
以下の表を確認して、当てはまる対処方法を選択してください。

弥生販売 22を使用している弥生販売 21以前を使用している
弥生会計
「弥生シリーズからの仕訳取り込み」メニューで仕訳の取り込みを行っている
対処方法1対処方法2

弥生販売 22へのバージョンアップを予定している場合は、対処方法1を確認してください。
弥生会計(やよいの青色申告)
仕訳日記帳でインポートを行っている
対処方法2対処方法2
※やよいの青色申告に「弥生シリーズからの仕訳取り込み」はありません。

ご使用の弥生販売のバージョンは以下で確認してください。
利用している製品の名称や、バージョンを確認する方法を知りたい

対処方法1:最新バージョンの弥生販売 22へアップデートを行う

弥生販売 22 Ver.25.0.3では、弥生会計の「弥生シリーズからの仕訳取り込み」で取り込む場合に作成する仕訳の名称(勘定科目、補助科目、部門)の先頭または末尾に空白がある場合に、自動で削除して仕訳を作成します。
以下の流れで操作を行い、弥生販売 22をアップデートしてから仕訳の再転送を行います。
1.最新バージョンの弥生販売 22へアップデートを行う
2.弥生会計で取り込めなかった仕訳データを削除する
3.弥生販売で仕訳作成を行い、弥生会計で仕訳を取り込む

  • 最新バージョンの弥生販売 22へアップデートを行います 以下の手順で、最新バージョンの弥生販売 22へアップデートを行います。
    オンラインアップデートの手順

    弥生販売 21以前の旧製品から弥生販売 22へバージョンアップする場合は、以下を参照してください。
    弥生販売 22へバージョンアップしたい

  • 弥生会計で取り込めなかった仕訳データを削除します 以下のFAQを参考にして、取り込めなかった仕訳データを削除します。
    手順6の[仕訳取込の設定]で取り込めなかった仕訳データのチェックを外し、手順8の[仕訳データ削除]で取り込めなかった仕訳データにチェックを付けます。
    弥生シリーズからの仕訳データの取り込み
  • 弥生販売で仕訳作成を行い、弥生会計で仕訳を取り込みます弥生販売での設定ごとに、仕訳を集計する方法や注意事項が異なります。
    手順はこちらを確認してください。

    同じエラーが表示される場合は、対処方法2を確認してください。

対処方法2:エラーが発生した原因を確認し、対処を行う

弥生会計(やよいの青色申告) 22では、名称の先頭または末尾にスペースやタブ文字が含まれている勘定科目や補助科目、部門※は使用できなくなりました。
※弥生会計 スタンダード、やよいの青色申告で部門は使用できません。
弥生販売で作成するインポート用の仕訳作成データにおいて、名称の先頭または末尾にスペースやタブ文字が含まれないように弥生販売の設定を変更します。

  • [台帳]メニューの[得意先リスト]をクリックします。 有限会社エヌ商会の[略称]欄を確認し、先頭または末尾のスペースを削除します。
    ※テキストに表示されていない得意先の[略称]の先頭または末尾にスペースがある場合、該当の得意先を仕訳転送するときにエラーが発生するため、テキスト内に表示された得意先以外の[略称]も確認してください。
    00026726_003
  • 弥生会計で取り込めなかった仕訳データを削除します。 ※この操作は「弥生シリーズからの仕訳取り込み」で仕訳を取り込んでいる場合のみ行います。仕訳日記帳でインポートしている場合や、やよいの青色申告を使用している場合この操作は不要です。手順3を確認してください。

    以下のFAQを参考にして、取り込めなかった仕訳データを削除します。
    手順6の[仕訳取込の設定]で取り込めなかった仕訳データのチェックを外し、手順8の[仕訳データ削除]で取り込めなかった仕訳データにチェックを付けます。
    弥生シリーズからの仕訳データの取り込み
  • 弥生販売で仕訳を再転送します。 クイックナビゲータの[事業所データ]カテゴリにある[弥生会計へ仕訳転送]をクリックし、[条件設定]をクリックします。
    出力範囲によって操作方法が異なります。
    • 出力範囲が[期間指定]の場合
    • 出力範囲が[任意の締切毎]の場合

    出力範囲が[期間指定]の場合

    前回転送したときと同じ期間を指定して、仕訳の再転送を行ってください。
    「下記の期間の取引が仕訳転送済みとなっています。」とメッセージが表示された場合は、[はい]をクリックします。
    仕訳転送後、弥生会計(やよいの青色申告)で仕訳の取り込みを行ってください。
    弥生会計との仕訳連動について

    仕訳取込の際にマッチングリストが表示された場合

    [略称]を変更すると補助科目が変更になるため、マッチングリストが表示されることがあります。
    [方法]で「変換」を選択して、[変換補助科目]で変換する補助科目を選択します。

    出力範囲が[任意の締切毎]の場合

    [仕訳作成]画面の[締切]欄は[前回締切分]に設定して、仕訳転送を行います。
    「下記の期間の取引が仕訳転送済みとなっています。」とメッセージが表示された場合は、[はい]をクリックします。
    仕訳転送後、弥生会計(やよいの青色申告)で仕訳の取り込みを行ってください。
    弥生会計との仕訳連動について

    [任意の締切毎]で複数回仕訳を転送している場合

    複数回に分けて仕訳転送した場合でも、再転送できるのは最後に転送したデータ1回のみです。
    複数回仕訳転送を行って弥生会計で仕訳が取り込めなかった場合は、カスタマーセンターへご相談ください。

    次回[仕訳作成]を行う際の注意事項

    [仕訳作成]画面の[締切]欄は、前回転送分の設定が表示されます。
    日ごろ仕訳作成を行う際に、「締切」欄を[前回締切以降]で行っている場合、次に仕訳作成を行うときに[前回締切以降]への変更を忘れないよう注意してください。

    仕訳取込の際にマッチングリストが表示された場合

    [略称]を変更すると補助科目が変更になるため、マッチングリストが表示されることがあります。
    [方法]で「変換」を選択して、[変換補助科目]で変換する補助科目を選択します。
    [マッチングリスト]画面が表示された場合

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク