勘定科目の期首残高データの項目と記述形式 弥生会計 サポート情報

ID:ida18547

インポートするデータは、1仕訳(1辞書)のデータを、表の順番で1行に記述します。

インポートデータの記述形式

インポートデータに設定された値で前期繰越残高が上書きされます(インポートした値が0の場合は0で上書き)。

また、インポートデータに前期繰越残高が編集できない勘定科目(事業主貸、事業主借、元入金、繰越利益)が含まれている場合、インポートはできません。

※ 型が「数字」「日付」「金額」の項目は、すべて半角で指定します。

条件 項目名 桁数
(半角)
備考
1 必須 期首日 10 日付

1行目の期首日を使用(2行目以降の期首日は無効)。

西暦または和暦日付。

(例)2018年7月1日の場合、次のいずれかで記述。

「20180701」「2018/07/01」「2018/7/1」「H30/07/01」「H30/7/1」
2 必須 勘定科目名 24 文字 半角24桁を超える文字は、インポート時に切り捨て。
3 必須 貸借区分 4 文字 「貸方」「借方」のいずれかのみ。
4 補助科目名 24 文字 半角24桁を超える文字は、インポート時に切り捨て。
5 部門 24 文字 半角24桁を超える文字は、インポート時に切り捨て。
6 必須 前期繰越残高 12 金額 整数。


◆ 弥生会計はグレードにより機能が異なります。本文中の一部の機能は、グレードによっては搭載されていないことがあります。
詳細の確認は弥生会計はこちら 、やよいの青色申告はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク