インポートできるデータの種類と記述形式 弥生会計 サポート情報

ID:ida18586

事業所データに、テキスト形式で保存された仕訳や辞書のデータをインポート(読み込み)できます。これにより、他のアプリケーションで作成した仕訳データなどを取り込むことができます。

インポート対応データ

インポート可能なデータと、インポート先の画面は次のとおりです。

インポートデータ インポート先の画面 画面表示メニュー
仕訳データ
仕訳日記帳 [帳簿・伝票]-[仕訳日記帳]
勘定科目のサーチキーデータ 科目設定
(サーチキーのみ)
[設定]-[科目設定]
勘定科目の期首残高データ 科目残高入力 [設定]-[科目残高入力]
仕訳辞書データ 仕訳辞書 [設定]-[取引辞書]-[仕訳辞書]
伝票辞書データ 伝票辞書 [設定]-[取引辞書]-[伝票辞書]
摘要辞書データ 摘要辞書 [設定]-[取引辞書]-[摘要辞書]
かんたん取引辞書データ かんたん取引辞書 [設定]-[取引辞書]-[かんたん取引辞書]
受取手形データ 受取手形一覧 [拡張機能]-[手形管理]-[受取手形一覧]
支払手形データ 支払手形一覧 [拡張機能]-[手形管理]-[支払手形一覧]

※グレードにより項目が異なることがあります。

インポートデータの記述形式

インポートする仕訳データ(辞書データ)は、次の条件に従って記述されている必要があります。

  • 1仕訳(1辞書)のデータが1行で記述され、行末が改行コードである。 行の先頭に「#」が記述されている場合はコメント行として認識され、その行のデータはインポート対象外になります。
  • 1仕訳(1辞書)のデータの各項目が、半角のカンマ(,)で区切られている。 項目内のデータに半角のカンマが含まれる場合は、区切り文字と区別するため、その項目をダブルクォート(")で囲みます。例えば、項目のデータが「1,000」のような場合は、「"1,000"」と記述します。
  • 1仕訳(1辞書)のデータの各項目が、適切な順番、形式で記述されている。 インポート可能な項目、順番、形式については、 仕訳データの項目と記述形式 を参照してください。
  • 最後の項目が空欄の場合は、最後に「""」または「,」が入力されている。 仕訳データの項目と記述形式 の最後の項目の説明を参照してください。



インポートデータの項目一覧

仕訳データの項目と記述形式 勘定科目のサーチキーデータの項目と記述形式 勘定科目の期首残高データの項目と記述形式 辞書データの項目と記述形式 手形データの項目と記述形式

弥生シリーズのインポート

弥生インポート形式( データのエクスポート のメモ参照)でエクスポートされたデータのほか、次の弥生シリーズのデータのインポートに対応しています。

  • 弥生会計
  • やよいの青色申告
  • 弥生販売
  • 弥生給与
  • やよいの給与計算
  • 弥生会計 オンライン
  • やよいの青色申告 オンライン


◆ 弥生会計はグレードにより機能が異なります。本文中の一部の機能は、グレードによっては搭載されていないことがあります。
詳細の確認は弥生会計はこちら 、やよいの青色申告はこちら

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク