仕訳データの項目と記述形式 弥生会計 サポート情報

ID:ida18545

テキスト形式で保存された仕訳データをインポートできます。
インポートするデータは、1仕訳のデータを、表の順番で1行に記述します。
インポート形式には、弥生会計 05以降の形式と弥生会計 04以前の形式の2種類があります。

インポートできるデータの種類と記述形式

※ 型が「数字」「日付」「金額」の項目は、すべて半角で指定します。

弥生取り込み(インポート)形式(弥生会計 05以降)

条件 項目名 桁数
(半角)
備考
1(A) 必須 識別フラグ 4 文字 仕訳の識別番号を半角数字で記述。

伝票以外の仕訳データ   :2000
1行の伝票データ   :2111
複数行の伝票データ
  1行目   :2110
  間の行   :2100
  最終行   :2101
2(B) 伝票No. 6 数字 事業所データの[帳簿・伝票設定]で伝票No.の付番方法が「手入力」の場合に記述した伝票No.を反映。

※複数行の伝票データの場合は1行目を反映。
3(C) 決算 4 文字

仕訳が決算仕訳の場合に「中決」「本決」を記述。

空白:通常の仕訳(区切り文字のカンマは必要)
中決:中間決算仕訳
本決:本決算仕訳

※複数行の伝票データの場合は1行目を反映。
4(D) 必須 取引日付 10 日付

会計期間内の西暦または和暦日付に限る。

(例)2019年7月1日の場合、次のいずれかで記述。
「20190701」「2019/07/01」「2019/7/1」「R01/07/01」「R01/7/1」

※複数行の伝票データの場合は1行目が必須(2行目以降は1行目の内容を反映)。
5(E) 必須 借方勘定科目 24 文字 弥生会計で登録されている名称と同一文字列が望ましい。異なる文字列を記述した場合、弥生会計で登録されている名称と一致させるための作業が必要。

[マッチングリスト]画面が表示された場合
※複数行の伝票データで、借方勘定科目がない場合は空白でも可。
※複数行の入金伝票の場合は、2行目以降は空白でも可(1行目の科目のみをチェックする)。
6(F) 借方補助科目 24 文字 同上。
7(G) 借方部門 24 文字 同上。
※この項目はスタンダード、やよいの青色申告ではインポートできません。
8(H) 必須 借方税区分 - 文字

税区分の略称名を記述。記述形式は、 課税方式別税区分・税計算区分一覧 を参照してください。

複数の税率がある税区分で、税区分名に税率が記述されていない場合、税率5%としてインポート。

※複数行の伝票データで、借方勘定科目がない場合でも必須。借方勘定科目がない場合は「対象外」と記述。
9(I) 必須 借方金額 11 金額 整数(税込金額を入力)。

※複数行の伝票データで、借方勘定科目がない場合でも必須。借方勘定科目がない場合は「0」と記述。
10(J) 借方税金額 11 金額 整数
(税抜処理の場合は税額を自動計算しないため、入力必須)。
11(K) 必須 貸方勘定科目 24 文字 弥生会計で登録されている名称と同一文字列が望ましい。異なる文字列を記述した場合、弥生会計で登録されている名称と一致させるための作業が必要。

[マッチングリスト]画面が表示された場合
※複数行の伝票データで、貸方勘定科目がない場合は空白でも可。
※複数行の出金伝票の場合は、2行目以降は空白でも可(1行目の科目のみをチェックする)。
12(L) 貸方補助科目 24 文字 同上。
13(M) 貸方部門 24 文字 同上。
※この項目はスタンダード、やよいの青色申告ではインポートできません。
14(N) 必須 貸方税区分 - 文字 「借方税区分」と同じ。
15(O) 必須 貸方金額 11 金額 整数(税込金額を入力)。

※複数行の伝票データで、貸方勘定科目がない場合でも必須。貸方勘定科目がない場合は「0」と記述。
16(P) 貸方税金額 11 金額 整数
(税抜処理の場合は税額を自動計算しないため、入力必須)。
17(Q) 摘要 64 文字 半角64桁を超える文字はインポート時に切り捨て。
18(R) 番号 10 文字 [受取手形][支払手形]の手形番号を記述。
半角10桁を超える文字はインポート時に切り捨て。
19(S) 期日 10 日付

(例)2019年7月1日の場合、次のいずれかで記述。

「20190701」「2019/07/01」「2019/7/1」「R01/07/01」「R01/7/1」
20(T) 必須 タイプ 1 数字

取引タイプを0~3の数字で記述。

0:仕訳データ
1:出金伝票データ
2:入金伝票データ
3:振替伝票データ

※複数行の伝票データの場合は1行目を反映。
21(U) 生成元 4 文字

生成元を全角2桁で記述。

受手 :受取手形
支手 :支払手形
償却 :固定資産
預金 :預貯金
借入 :借入金
一括 :一括税抜
按分 :家事按分
給与 :弥生給与
販売 :弥生販売
会OL :弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン

※複数行の伝票データの場合は1行目を反映。
22(V) 仕訳メモ 180 文字 半角180桁を超える文字は、インポート時に切り捨て。
23(W) 付箋1 1 数字 0~5の数字で記述。空欄は0と認識される。

※0は付箋なし。
24(X) 付箋2 1 数字
25(Y) 必須 調整 文字 調整にチェックを付ける場合は「yes」(または「true」「on」「1」「-1」)を記述。チェックを付けない場合は「no」(または「yes」「true」「on」「1」「-1」以外の文字)を記述。

※空欄の場合もチェックは付かない。ただし、空欄にする場合でも区切り文字のカンマ「,」は必要。
※グレードにより項目が異なることがあります。

旧弥生取り込み(インポート)形式(弥生会計 04以前)

条件 項目名 桁数
(半角)
備考
1(A) 必須 識別フラグ 4 数字 伝票以外の仕訳データ   :1000
1行の伝票データ   :1111
複数行の伝票データ
  1行目   :1110
  間の行   :1100
  最終行   :1101
2(B) 伝票番号 6 数字 弥生会計の伝票番号設定が「月毎連番」または「通期連番」の場合、記述した数字は無視。記述した伝票番号で取り込みたいときは「手入力」にする。
※複数行の伝票データの場合は1行目を反映。
3(C) 必須 取引日付 10 日付 会計期間内の西暦または和暦日付に限る。
2019年7月1日の場合は「20190701」、「2019/07/01」、「2019/7/1」、「R01/07/01」、「R01/7/1」のいずれかで記述。
※日付複数行の伝票データの場合は1行目が必須(2行目以降は1行目の内容を反映)。
4(D) 必須 借方勘定科目 24 文字 弥生会計で登録されている名称と同一文字列が望ましい。異なる文字列を記述した場合、弥生会計で登録されている名称と一致させるための作業が必要。
※複数行の伝票データで、借方勘定科目がない場合は空白でも可。
※複数行の入金伝票の場合は、2行目以降空白でも可(1行目の科目だけをチェック)。
5(E) 借方補助科目 24 文字 同上。
6(F) 借方部門 24 文字 同上。
7(G) 必須 借方税区分 10 文字 同上。
※複数行の伝票データで、借方勘定科目がない場合でも必須。借方勘定科目がない場合は、「対象外」と記述。
8(H) 必須 借方金額 11 金額 整数に限る(税込金額を入力)。
※複数行の伝票データで、借方勘定科目がない場合でも必須。借方勘定科目がない場合は「0」と記述。
9(I) 必須 貸方勘定科目 24 文字 弥生会計で登録されている名称と同一文字列が望ましい。異なる文字列を記述した場合、弥生会計で登録されている名称と一致させるための作業が必要。
※複数行の伝票データで、貸方勘定科目がない場合は空白でも可。
※複数行の出金伝票の場合は、2行目以降空白でも可(1行目の科目だけをチェック)。
10(J) 貸方補助科目 24 文字 同上。
11(K) 貸方部門 24 文字 同上。
12(L) 貸方税区分 10 文字 同上。
※複数行の伝票データで、貸方勘定科目がない場合でも必須。貸方勘定科目がない場合は、「対象外」と記述。
13(M) 必須 貸方金額 11 金額 整数に限る(税込金額を入力)。
※複数行の伝票データで、貸方勘定科目がない場合でも必須。貸方勘定科目がない場合は「0」と記載。
14(N) 摘要 64 文字 半角64桁を超える文字はインポート時に切り捨て。
15(O) 必須 取引タイプ 1 数字

取引タイプを0~3の数字で記述。

0:伝票以外の仕訳データ
1:出金伝票の仕訳データ
2:入金伝票の仕訳データ
3:振替伝票の仕訳データ
16(P) 生成元 4 文字 受手 :受取手形
支手 :支払手形
償却 :固定資産リスト
預金 :預貯金リスト
借入 :借入金リスト
17(Q) システム予約1 数字 「0」と記述。
18(R) システム予約2 数字 同上。
19(S) 借方消費税金額 11 金額 整数に限る(税抜処理の場合は税額を自動計算しないため、入力必須)。
20(T) 貸方消費税金額 11 金額 同上。
21(U) 付箋マーク 3 文字 マークを付ける場合は「yes」、付けない場合は「no」と記述。
※空白は「no」と認識。
22(V) 調整マーク 3 文字 同上。
※空白は「no」と認識。
23(W) 決算仕訳マーク 3 文字 同上。
※空白は「no」と認識。
24(X) 必須 請求書等の交付を受けられないやむを得ない理由 180 文字 半角180桁(全角90文字)を超える文字は、インポート時に切り捨て。
※空欄にする場合でも最後の項目を示す「,」は必要。


◆ 弥生会計はグレードにより機能が異なります。本文中の一部の機能は、グレードによっては搭載されていないことがあります。
詳細の確認は弥生会計はこちら 、やよいの青色申告はこちら

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク