入金伝票からの領収証の印刷 弥生販売 サポート情報

ID:ida22813

作成した入金伝票から領収証を印刷します。領収証の印刷では、次の印刷ができます。

  • 領収証の印刷
  • 領収証の連続印刷
    領収証の連続印刷では、複数の領収証を一括して印刷することができます。
区分記載の印刷については 領収証で区分記載請求書等保存方式に対応できますか を参照してください。

領収証の印刷

領収証を1枚ずつ印刷します。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリの[請求先からの入金]、または[売上]メニューの[入金伝票]をクリックします。 [入金伝票]画面が表示されます。
  • [入金伝票]画面に印刷する入金伝票を表示させます。

    [伝票番号]、または[入金日]にカーソルがある状態で、[参照]([F8]・[スペース])をクリックします。表示される[直前入金伝票参照]画面から入金伝票を選択することができます。入金伝票は、検索することもできます。

    伝票の検索
  • [印刷]([F5])をクリックします。 [伝票印刷]画面が表示されます。
  • プリンターや部数、出力条件を設定します。
    項目 説明
    プリンター 印刷に使用するプリンターを選択します。「PDFファイルの作成」を選択すると、PDFファイルを作成できます。
    プロパティ 選択したプリンターの用紙サイズや給紙方法を設定します。
    設定内容はプリンターによって異なります。詳細は、プリンターのマニュアルを参照してください。
    印刷範囲 印刷するページを設定します。特定のページを印刷する場合は、[ページ指定]を選択して、開始ページと終了ページを設定します。
    印刷部数 印刷部数を設定します。プリンターによっては設定できない場合があります。
    拡大/縮小 印刷する際の拡大、縮小を設定します。[出力帳票]で選択した帳票によっては設定できないものがあります。
  • 必要に応じて書式の設定をします。

    [書式の設定]をクリックして表示される[書式の設定]画面で設定します。設定内容は、[出力帳票]と[書式]で選択した帳票により異なります。

    印刷書式の設定(入金伝票)

    印刷書式の設定

    領収証の日付は、初期状態ではシステム日付を印刷します。
    印刷当日と異なる日付を設定したい場合は、[ヘッダー・余白]タブの[処理日を出力]を変更して印刷します。

    設定が完了したら、[OK]をクリックして[伝票印刷]画面に戻ります。
  • [印刷プレビュー]をクリックすると、印刷イメージを確認できます。
  • [印刷実行]をクリックします。 領収証が印刷されます。

    登録と同時での領収証の印刷

    [機能設定]で[登録と同時に印刷する]にチェックが付いている場合は、[登録]をクリックした際に、登録と印刷が同時に実行されます。
    機能設定

    テキストファイルへの書き出し(エクスポート)

    [伝票印刷]画面で[エクスポート]をクリックすると、入金伝票をテキストファイルに書き出すことができます。
    エクスポートできるデータの種類


領収証の連続印刷

一度に複数の領収証を印刷する場合は、連続印刷を使用します。
連続印刷では、条件を設定して印刷対象とする伝票を絞り込むことができます。

  • 領収証の印刷の要領で、[伝票印刷]画面の出力帳票やプリンターなどを設定します。
  • [連続印刷]をクリックします。 [入金伝票連続印刷]画面が表示されます。
  • 入金日や請求先などの条件を設定します。
  • [検索]をクリックします。 指定した条件に一致する入金伝票の一覧が表示されます。
  • 行セレクターをクリックして印刷する入金伝票を選択します。

  • 必要に応じて書式の設定をします。

    [書式の設定]をクリックして表示される[書式の設定]画面で設定します。設定内容は、[出力帳票]で選択した帳票により異なります。連続印刷の設定内容は、入金伝票の[書式の設定]と同様ですが、[書式・プリンター]タブが追加されます。[書式・プリンター]タブでは、選択したプリンターの用紙サイズや給紙方法を設定します。

    印刷書式の設定(入金伝票)

    刷書式の設定

    領収証の日付は、初期状態ではシステム日付を印刷します。
    印刷当日と異なる日付を設定したい場合は、[ヘッダー・余白]タブの[処理日を出力]を変更して印刷します。

    書式の設定が完了したら、[OK]をクリックして[入金伝票連続印刷]画面に戻ります。
  • [印刷プレビュー]をクリックすると、印刷イメージを確認できます。
  • [印刷実行]をクリックします。 選択した領収証が印刷されます。

入金伝票の連続印刷の設定項目は、次のとおりです。

項目 説明
範囲 印刷する入金伝票の範囲を選択します。
入金日 入金日の範囲を指定します。
伝票番号 伝票番号の範囲を指定します。
入力者指定 入金伝票の入力者を指定します。「全入力者分」または「自入力分のみ」を選択します。ユーザー管理をしている場合に指定できます。
承認状態※ 連続印刷の対象とする承認状態を、チェックを付けて指定します。
この欄は承認機能を使用している場合のみ表示されます。
請求先指定 入金伝票の請求先を指定します。
担当者指定 入金伝票の担当者を指定します。
※の項目はスタンダードにはありません。


◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

関連情報

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク