履歴/予定帳データのインポート やよいの顧客管理 サポート情報

ID:ida21317

やよいの顧客管理では、他のソフトウェアで作成したテキストデータを履歴/予定帳データとして読み込む(インポートする)ことができます。

顧客データのバックアップファイルの作成

インポート実行前に必ずバックアップを行ってください。
インポート実行後に、取り込んだ内容だけを取り消すことはできません。

バックアップファイルの作成

  • [ファイル]メニューの[インポート]から[履歴/予定インポート]をクリックします。 [履歴/予定インポートウィザード]が表示されます。説明を読み終わったら、[次へ]をクリックします。
  • [履歴/予定区分]からインポートする履歴/予定帳を選択して、[次へ]をクリックします。
  • インポートするテキストデータを選択して、[次へ]をクリックします。 ファイルの場所を変更する場合は、[参照]をクリックします。
  • インポートするテキストデータの情報を設定して、[次へ]をクリックします。
    項目 説明
    区切り文字 インポートするテキストデータの、各項目間の区切り文字を選択します。
    インポート開始行 インポートするテキストデータの上から何行目からインポートするかを入力します。
  • [項目名称]の[▼]をクリックして、[1行目データ]、[2行目データ]に該当する項目を選択します。

    「履歴/予定帳データの項目」の表の順番で項目を記述した場合は、追加している拡張情報のみ選択できます。

    インポートデータの記述形式

    インポート書式の保存

    テキストデータの項目の順序が同じファイルを何度もインポートする場合は、[項目名称]で変更した項目の並び順を保存しておくことができます。

    [インポート書式保存]画面

  • [開始]をクリックします。 インポートが開始されます。インポートが終了すると、インポート結果が一覧表示されます。
  • インポート結果を確認して、[次へ]をクリックします。 [インポートリスト印刷]をクリックすると、インポート結果を印刷できます。
    [エラーリスト印刷]をクリックすると、エラーの内容を印刷できます。

  • [完了]をクリックします。 [キャンセル]をクリックすると、インポートする前の状態に顧客データを戻すことができます。

    エラーが表示された場合

    やよいの顧客管理では、インポートする項目の文字種、全角/半角、桁数、日付の範囲などをチェックします。エラーが表示された場合は、エラーの内容とインポートするテキストファイルの内容を確認してください。
    また、項目によってはデータが空白になっていたり、定められた形式で記述していなかったりするとエラーになります。この場合は、エラーになった記述を修正するか、エラーになった項目を手順5で「未使用」にして、インポート後に設定するようにしてください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク