複数の仕入先に対する出金伝票を一括で作成 弥生販売 サポート情報

ID:ida22890
出金伝票自動作成では、支払締切で確定した支払予定額や支払方法を基に出金伝票を一括して作成することができます。

支払の締切

出金伝票を自動作成するには、あらかじめ支払を締め切っておく必要があります。

仕入先への支払を締め切る(仕入先への支払額の確定)

支払予定額や支払方法を変更する場合

出金伝票の自動作成を行う前に、出金内容の確認を行い、支払予定額や支払方法を変更することができます。

支払内容の確認

予定外の出金や分割での出金

予定外の出金や分割での出金については自動作成することができません。
[出金伝票]で入力します。

出金伝票の作成

出金伝票を作成したら

出金伝票を作成した後は、作成した出金伝票を基に振込依頼書の作成を行うことができます。

振込依頼書の概要

出金伝票自動作成のツールバー

出金伝票自動作成のツールバーは以下のとおりです。

[F2] 出金伝票自動作成に表示されている内容をクリアし、新規に集計を行えるようにします。
指定した条件に基づいて仕入先への支払方法と金額を集計します。
[F12] 明細部に表示された出金内容で、出金伝票を作成します。
[F8]
[スペース]

締グループや伝票摘要にカーソルがある場合にクリックすると、カーソルがある項目に対応した参照ダイアログが表示されます。
表示された一覧から選択して表示、入力することができます。

台帳に登録したデータ(得意先や商品など)の参照

出金伝票自動作成の機能を設定します。

機能設定
[F5]

出金伝票自動作成を印刷します。

各種資料の印刷
エクスポートできるデータの種類
[出金伝票自動作成]ウィンドウを閉じます。

出金伝票の一括作成

[出金内容の確認]ウィンドウで確認、または変更した支払金額や支払方法を基に複数の仕入先に対する出金伝票を一括で作成します。

支払内容の確認

一括で作成した出金伝票も通常の出金伝票と同様に修正、または削除することができます。

  • クイックナビゲータの[仕入]カテゴリの[一括支払]をクリックします。 [出金伝票自動作成]ウィンドウが表示されます。
  • 出金伝票を作成する仕入先の支払締グループを入力します。

    [参照]([F8]・[スペース])ボタンをクリックして表示される[支払締グループ参照]ダイアログから支払締グループを選択することもできます。すべての仕入先の出金伝票を作成する場合は、入力する必要はありません。

    支払締グループの概要
  • 支払予定日の範囲を指定します。 [出金日]で指定した期間に支払予定日が含まれる仕入先が集計対象です。
  • [伝票発行日]で出金伝票の日付を入力します。 一括で作成する出金伝票は、すべて同じ日付になります。入力しない場合は、支払予定日が伝票日付になります。
  • [伝票番号]で出金伝票の番号を入力します。 一括で作成する伝票は、すべて同じ伝票番号が付番されます。
  • [伝票摘要]で出金伝票の摘要を入力します。

    一括で作成する伝票は、すべて同じ摘要が入力されます。[参照]([F8]・[スペース])ボタンをクリックして表示される[伝票摘要参照]ダイアログから伝票摘要を選択することもできます。

    伝票摘要の登録、修正、削除
  • [集計]ボタンをクリックします。 出金伝票の一括作成の対象となる仕入先への支払予定が集計されます。

    支払内容の変更

    集計された仕入先への支払内容を変更する場合は、[出金内容の確認]ウィンドウで変更します。

    支払内容の確認
  • [伝票作成]ボタンをクリックします。 集計された仕入先への支払予定に対する出金伝票が一括で作成されます。[印刷]ボタンをクリックすると、出金伝票自動作成を印刷することができます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク