『弥生販売 スタンダード/プロフェッショナル』から『弥生販売 プロフェッショナル 2ユーザー』へ移行する方法 弥生販売 サポート情報

ID:ida23585
『弥生販売 スタンダード』または『弥生販売 プロフェッショナル』から『弥生販売 プロフェッショナル 2ユーザー』へ移行する手順は、以下のとおりです。
※ここでは『弥生販売』を既にお使いのお客さまが、同じコンピューターにデータを保存して『弥生販売 プロフェッショナル 2ユーザー』へ移行される手順のみ説明します。

サーバーコンピューター:親機で行う作業

  • ライセンス認証の変更
  • 事業所データを使用するユーザーの登録
  • 帳票レイアウトデータ、環境設定ファイルのバックアップを行う

クライアントコンピューター:子機で行う作業

  • 『弥生販売 プロフェッショナル 2ユーザー』のインストール
  • 事業所データの参照先の設定
  • 帳票レイアウトデータ、環境設定ファイルの復元を行う
  • 『弥生販売 プロフェッショナル 2ユーザー』では、「データの保存と操作を行うコンピューター(サーバー兼クライアント)」と、「操作のみ行うコンピューター(クライアント)」に役割を分担して、各コンピューターにプログラムをセットアップする必要があります。
    詳細は、 『弥生販売 20』のインストール方法 を参照してください。
  • 『弥生販売』の使用中は、サーバーコンピューターの電源が常にONの状態になるようにコンピューターの設定を行ってください。「スリープ」や「スタンバイ」などの省電力モードの状態では、クライアントコンピューターからデータを参照できません。

データの保存と弥生製品の操作を行うコンピューター(サーバーコンピューター:親機)

  • [弥生 マイポータル]を起動し、[設定]の[弥生 ライセンス認証管理]をクリックします。
  • 製品の一覧から『弥生販売 **』(認証済)をクリックします。
  • [ライセンスを変更する]をクリックします。
  • [ライセンス認証の解除を開始する]をクリックします。 弥生製品登録番号の画面が表示されたら、『弥生販売 プロフェッショナル 2ユーザー』の弥生製品登録番号とお客様番号を入力し、[処理を開始する]をクリックします。
    ライセンス認証が完了したら、[画面を閉じる]をクリックします。
  • 『弥生販売』を起動し、事業所データが開くことを確認します。
  • 事業所データを複数のユーザーで同時に使用できるよう、事業所データにユーザーを登録します。 事業所データを複数のユーザーで使用する場合の設定
  • 環境設定を書き出します。 新しいコンピューターに環境設定を移行する方法
  • 販売11形式の帳票レイアウタを使用しており、クライアントでも同じ帳票で印刷を行う場合は、帳票データのバックアップを行います。 他のコンピューターで作成した帳票レイアウトデータを使いたい

以下の場合は帳票レイアウトデータのバックアップは必要ありません

  • 『弥生販売 スタンダード』を使用していた場合
  • [帳票レイアウタ]画面で、帳票形式が[販売11形式]と表示されていて、さらに[ユーザー帳票]欄に「○」が付いている書式がない場合

弥生製品の操作を行うコンピューター(クライアントコンピューター:子機)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク