電子申請を行いたい 弥生給与 サポート情報

ID:idb113991

2020年4月から、特定の法人の事業所において、社会保険・労働保険に関する一部の手続きで、電子申請が義務化されました。

対象となる特定の法人

以下に該当する法人が電子申請義務化の対象です。

  • 資本⾦、出資⾦⼜は銀⾏等保有株式取得機構に納付する拠出⾦の額が1億円を超える法人
  • 相互会社(保険業法)
  • 投資法人(投資信託及び投資法⼈に関する法律)
  • 特定目的会社(資産の流動化に関する法律)

自社が対象となるか不明な場合は、該当する社会保険の管轄となる関係機関にお問い合わせください。


対象となる手続き(帳票)

以下の届出等の手続きにおいて、電子申請が義務化されます。

保険種類手続き
健康保険
厚生年金保険
  • 被保険者報酬月額算定基礎届
  • 被保険者報酬月額変更届
  • 被保険者賞与支払届
労働保険 継続事業(一括有期事業を含む。)を⾏う事業主が提出する以下の申告書
  • 年度更新に関する申告書(概算保険料申告書、確定保険料申告書、一般拠出⾦申告書)
  • 増加概算保険料申告書
雇用保険
  • 被保険者資格取得届
  • 被保険者資格喪失届
  • 被保険者転勤届
  • ⾼年齢雇用継続給付支給申請
  • 育児休業給付支給申請

電子申請の実施方法

電子申請を実施する方法は、電子政府の総合窓口「e-Gov」、マイナポータルから申請する方法と、電子申請に対応したアプリケーションを利用する方法の2つがあります。

  • 電子政府の総合窓口「e-Gov」、マイナポータルから申請する方法
    詳細は、電子政府の総合窓口「e-Gov」、マイナポータルでご確認ください。
    電子政府の総合窓口「e-Gov」
    マイナポータル
    ※弥生給与からe-Gov、マイナポータルへ連携する機能はありません。
  • 電子申請に対応したアプリケーションを利用する方法
    e-Gov、マイナポータルへの電子申請に対応したアプリケーションから申請することができます。
    弥生給与と連携する「オフィスステーション」では、よりかんたんに電子申請を実施することができます。
    クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーション」(株式会社エフアンドエム)
    ※「オフィスステーション」を利用するには、別途、利用契約が必要です。
弥生給与とオフィスステーションは、データのインポート/エクスポートを行うことで連携します。
オフィスステーションとの連携の流れ オフィスステーションに連携できる弥生給与のデータ
<関連情報>
2020年(令和2年)4月から、特定の法人について社会保険、労働保険の電子申請が義務化されます

「電子申請を行いたい」の関連業務情報

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク