複数の帳票を1つの請求明細書にまとめる やよいの見積・納品・請求書 サポート情報

ID:ida22371
複数の見積書、納品書、請求書、請求明細書、領収証などの帳票を、1つの請求明細書にまとめることができます。
月に1回などの一定の期間ごとや得意先ごとにまとめるなど、複数の帳票から1つの請求明細書を作成するときに利用できます。
例えば、請求締日が20日の得意先と掛け取引をしている場合、前月21日から当月20日までに発行した納品書や請求書などの帳票を合算して、1つの請求明細書を作成できます。
  • 区分記載請求書等保存方式で請求明細書を作成する場合は、請求明細書を作成する前に[帳票作成オプション]の設定を行ってください。
    帳票作成オプションの編集
  • 請求明細書を作成した後に、請求明細書を編集しても消費税は自動計算されません。金額の変更があった場合は消費税を手計算して修正してください。


  • [メニュー]タブの[日常業務]カテゴリから帳票の一覧([見積書の一覧]、[納品書・請求書の一覧]、[領収証の一覧])をクリックします。 [帳票一覧]タブが表示されます。
  • まとめる帳票にチェックを付けて、[請求明細書の作成]をクリックします。 作成完了のメッセージが表示されて、請求明細書が作成されます。

    請求明細書の作成条件

    複数の帳票から請求明細書を作成する場合、[源泉徴収税額]の設定が「自動計算」の帳票と「直接入力」の帳票を混在させることはできません。
    請求明細書の元となる各帳票の作成画面で、[税計算]パネルの[源泉徴収税額]を、次のいずれかの組み合わせになるように設定してください。
    • 「自動計算」のみ(または「自動計算」と「使用しない」)
    • 「直接入力」のみ(または「直接入力」と「使用しない」)
    • 「使用しない」
  • [OK]ボタンをクリックします。 作成した請求明細書は[検索条件]を「請求明細書」に変更すると表示されます。
    内容を修正する場合は、作成された請求明細書をダブルクリックして、表示される帳票作成画面で項目を修正します。

    複数の異なる得意先が選択された場合

    請求明細書を作成する際に、複数の異なる得意先が選択された場合、次のメッセージが表示されます。

    • 「はい」を選択した場合
      得意先ごとにそれぞれの請求明細書が作成されます。
    • 「いいえ」を選択した場合
      先頭の得意先の請求明細書として帳票がまとめられます。

    複数の帳票を1つの合計請求書として印刷する

    複数の帳票をまとめて、1つの合計請求書を印刷することができます。
    前述の手順で作成した請求明細書から合計請求書を印刷します。
    合計請求書は印刷のみで、帳票として保存することはできません。

    • 前述の手順に従って、請求明細書を作成します。
    • 印刷する請求明細書にチェックを付けます。
    • [印刷]をクリックして、印刷プレビュー画面を表示します。
    • [レイアウトオプション]パネルの[プリンター]タブの[帳票選択]で「合計請求書」を選択します。
    • 必要に応じて[レイアウトオプション]パネルの各タブを設定して、[印刷実行]ボタンをクリックします。
      合計請求書が印刷されます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク