クレジットカードで支払った 弥生会計 サポート情報

ID:idb113533

クレジットカードで商品を購入したり経費を支払ったりした場合には、カード会社が毎月の締め日までの利用分を集計した上で、後日(約1~2か月後)その利用額をカード利用者の預金口座から引き落とします。

例えば、締め日と支払日が15日締め10日払いのカードを使用して11月1日に買い物をした場合には、利用額は12月10日に預金口座から引き落とされます。

このようにカード取引の代金決済は、後日に行われるため「未払金」(個人事業者が生活用クレジットカードで決済した場合は「事業主借」)という勘定科目を使用して取引の仕訳を入力します。

<クレジットカードの支払いの流れ>



『弥生会計(やよいの青色申告)』での仕訳入力

<クレジットカードの支払いの流れ>の以下のタイミングで仕訳を登録します。
①商品購入:商品購入時にクレジットカードの明細書を受け取ったとき
⑤支払い:カード会社から預金口座の引き落としがあったとき

●「①商品購入」時の仕訳例
11月1日に事業用にノートパソコン89,000円を法人用(もしくは個人事業用)クレジットカードで購入した。
借方 貸方 摘要
消耗品費  89,000 未払金  89,000 ノートパソコン
※個人事業者が生活用クレジットカードで購入した場合は、「未払金」を「事業主借」勘定に読み替えてください。

<かんたん取引入力での入力例>

かんたん取引入力で取引を入力
●「⑤支払い」時の仕訳例
法人用(もしくは個人事業用)クレジットカードで購入した事業用のノートパソコン89,000円が、12月10日に普通預金から口座振替で引き落とされた。
借方 貸方 摘要
未払金  89,000 普通預金  89,000 11月15日締め分引き落とし
※個人事業者が生活用クレジットカードで購入した場合は、「未払金」を「事業主借」勘定に読み替えてください。

<かんたん取引入力での入力例>

かんたん取引入力で取引を入力

仕訳の自動取り込み

クレジットカードの利用明細や預金通帳の仕訳は、「スマート取引取込」を使用すると自動で取り込むことができます。
スマート取引取込から取引を登録する

デビットカードでの支払いについて

デビットカードは、銀行口座のキャッシュカードや専用カードを代金の支払い時に提示すると、銀行の口座から即時に代金が引き落とされる決済手段です。会計上の処理は、代金の支払い時に取引の仕訳を入力します。仕訳を入力する際は、銀行口座から直接引き落としなので、預金出納帳と重複しないよう注意が必要です。



<業務情報>
クレジットカードの利用時と引き落とし時の仕訳(処理)方法 個人事業主ですが、クレジットカードは個人用と事業用を使い分ける必要がありますか?また、どのように管理するのがよいですか? 事業用の経費を個人のクレジットカードで支払ったときの仕訳は?

「クレジットカードで支払った」の関連操作情報

「クレジットカードで支払った」の関連業務情報

「クレジットカードで支払った」のよくある質問(FAQ)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク