パレット 弥生会計 サポート情報

ID:idb112815

パレットとは、科目や摘要の項目や、辞書に登録した取引などをあらかじめ登録し、帳簿や伝票にマウス操作で登録した科目や摘要を入力できる機能です。

辞書とは異なり、パレットには科目や摘要などを混在させて登録することができます。

パレットに登録した項目を、帳簿や伝票の入力項目の位置までドラッグします。

登録元の科目や辞書の取引などを修正、削除した場合

パレットに登録した項目の登録元(科目や辞書の取引)を、修正や削除すると、パレットに登録した内容も修正、削除されます。

パレットへの登録

パレットには初期設定で用意されている項目はありません。必要に応じて登録します。パレットでは、フォルダーを作成して登録項目を整理できます。

ここでは、勘定科目と補助科目のセットをパレットに登録する場合を例として説明します。

  • [設定]メニューの[パレット]([F2])をクリックします。パレットが表示されます。
  • <フォルダーの作成>
    パレットの[パレット]メニューの[フォルダー作成]をクリックします。
    新しいフォルダーが作成されます。
  • フォルダーには、パレットの内容がわかる名称を付けます。 この例では「よく使う科目」と入力します。
  • <項目の登録>
    パレットの登録するフォルダーをクリックして開きます。
  • 登録したい内容を表示し、その内容をパレットにドラッグ(マウスボタンを押したまま移動)して、パレットでマウスボタンを離します。 ここでは、[科目設定]を表示し、補助科目をパレットにドラッグします。

    ドラッグした項目がパレットに登録されます。

現在開いている以外のフォルダーへの登録

登録項目をパレットの左側のフォルダーに直接ドラッグすると、ドラッグしたフォルダーに登録されます。

パレットの登録項目のフォルダー間の移動

登録した項目を、パレットの他のフォルダーに移動することができます。移動する項目を表示して、移動先となるフォルダーにドラッグします。

パレットの登録項目の削除

パレットで削除する項目を表示し、[削除]ボタン([F9])をクリックします。ただし、初期設定で用意されている[パレット]フォルダー、[受入フォルダー]は削除できません。


「パレット」の関連操作情報

「パレット」の関連業務情報

「パレット」のよくある質問(FAQ)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク