履歴/予定帳設計 やよいの顧客管理 サポート情報

ID:idb94220

基本情報の確認

履歴/予定帳に初期状態で用意されている基本情報の項目を確認します。基本情報の項目は、必要に応じて、名称の変更や、表示/非表示、カーソル移動時のスキップ有無を設定できます。

履歴/予定帳の設計について

[履歴/予定帳設計]ダイアログでの設定は、[履歴/予定帳][顧客元帳]ウィンドウ共通の設定です。

業種別テンプレートについて

顧客データを作成したときに業種別テンプレートを選択している場合は、履歴/予定帳が業種に合わせてあらかじめ設計されています。基本情報や拡張情報は後からでも自由に変更、追加できます。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[履歴/予定帳設計]をクリックします。 [履歴/予定帳設計]ダイアログが表示されます。
  • [履歴/予定区分]の▼をクリックして、基本情報を確認する履歴/予定帳を選択します。
  • [基本情報]タブをクリックします。

    項目 説明
    初期項目名称 初期状態での項目名称が表示されます。直接入力することはできません。
    項目名称 基本情報の項目名称を、全角10文字(半角20文字)以内で変更できます。
    表示

    [履歴/予定帳]ウィンドウでの表示/非表示を設定します。

    [履歴/予定帳]ウィンドウに表示する場合は「○」、表示しない場合は「×」にクリックして切り替えます。
    入力

    [履歴/予定帳]ウィンドウの項目を、キーボードでカーソル移動する際、スキップするかどうかを設定します。

    スキップしない場合は「○」、スキップする場合は「×」にクリックして切り替えます。
  • [OK]ボタンをクリックします。 [バックアップ]ダイアログが表示されます。
  • バックアップファイルの保存場所とファイル名を指定して、[OK]ボタンをクリックします。

    設定前のバックアップファイルを作成後、[履歴/予定帳設計]ダイアログが閉じられ、設定内容が[履歴/予定帳]ウィンドウに反映されます。

    バックアップファイルの作成

    項目の表示/非表示について

    数量、単価、金額を非表示にすると、[履歴/予定帳]ウィンドウからこれらの項目が入力できなくなり、RFM分析表、RFMクロス分析表が正しく集計できない場合があります。

    RFM分析の概要

拡張情報の追加


履歴/予定帳に初期状態で用意されている基本情報の項目以外に、自由に設計できる拡張情報を最大100項目まで(項目の属性や桁数により変動)追加できます。

追加できる拡張情報の属性には、文字、日付、数字、チェック、選択(補助台帳)、電話番号、E-mail、URLがあります。

拡張情報の属性
設計した拡張情報は、「担当者」と「付箋」の間に表示されます。初期状態では、拡張情報は設計されていません。

ここでは、次の拡張情報を追加する手順を例に説明します。
いずれの属性の場合でも、基本的に拡張情報の追加手順は同じです。

履歴/予定区分 販売
項目名称 座席
属性 選択(補助台帳)
選択項目 A席、B席、C席、D席、E席、F席
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[履歴/予定帳設計]をクリックします。 [履歴/予定帳設計]ダイアログが表示されます。
  • [履歴/予定区分]の▼をクリックして、「販売」を選択します。
  • [拡張情報]タブをクリックします。
  • 追加する拡張情報の名称を最下行の[項目名称]に入力します。 [項目名称]は、全角10文字(半角20文字)以内で入力できます。
    項目 説明
    [削除]ボタン

    カーソルのある拡張情報が削除されます。

    削除する拡張情報にデータが入力されている場合は、そのデータも破棄されます。
    [上へ]ボタン
    [下へ]ボタン
    拡張情報の表示順序を変更したい場合は、表示順序を変更する拡張情報にカーソルがある状態で、[上へ]ボタンまたは[下へ]ボタンをクリックします。ここでの表示順序は、[履歴/予定帳]ウィンドウにも反映されます。

    [属性]を「選択(補助台帳)」にする場合の項目名称について

    [属性]を「選択(補助台帳)」にする場合、項目名称には、補助台帳に登録済みの分類の名称と同じものを使用できません。登録済み名称は、[補助台帳]ウィンドウの[分類]の▼をクリックして表示される名称で確認できます。

  • [表示]と[入力]を設定します。 クリックして○と×を切り替えます。
    項目 説明
    表示

    [履歴/予定帳]ウィンドウでの表示/非表示を設定します。

    [履歴/予定帳]ウィンドウに表示する場合は「○」、表示しない場合は「×」にクリックして切り替えます。
    入力

    [履歴/予定帳]ウィンドウの項目を、キーボードでカーソル移動する際、スキップするかどうかを設定します。

    スキップしない場合は「○」、スキップする場合は「×」にクリックして切り替えます。
  • [属性]の▼をクリックして、拡張情報の属性を選択します。

    ここでは、「選択(補助台帳)」を選択します。属性に「文字」を選択した場合は、[桁数]も入力します。[属性]が「選択(補助台帳)」の場合は、選択項目も設定する必要があります。選択項目は、[補助台帳]ウィンドウで設定します。

    選択項目の設定([補助台帳]ウィンドウ)
  • [桁数]を入力する必要がある拡張情報

    [属性]で「文字」を選択した場合は、[桁数]に最大入力桁数(半角)を1~100の範囲で入力します。
    [属性]が「日付」、「数字」、「チェック」、「選択(補助台帳)」、「電話番号」、「E-mail」、または「URL」の場合は、最大入力桁数が固定されているため、桁数を入力する必要はありません。
    また、拡張情報は最大100項目まで追加できますが、桁数の合計が1200桁を越えると、100項目に満たない場合でもそれ以上の追加ができなくなります。
  • [OK]ボタンをクリックします。 [バックアップ]ダイアログが表示されます。
  • バックアップファイルの保存場所とファイル名を指定して、[OK]ボタンをクリックします。

    設定前のバックアップファイルを作成後、[履歴/予定帳設計]ダイアログが閉じられ、[履歴/予定帳]ウィンドウに拡張情報「座席」が追加されます。

    バックアップファイルの作成

    拡張情報の修正、削除時の注意事項

    [履歴/予定帳]ウィンドウでデータを入力済みの拡張情報を修正、削除する場合は、次の点に注意してください。

    • 拡張情報を修正する場合
      [属性]を変更した場合は、入力済みのデータがすべて破棄されます。また、[桁数]を現在設定されている桁数より、少ない数に変更した場合は、入力済みのデータの一部が破棄されます。
    • 拡張情報を削除する場合
      入力済みのデータがすべて破棄されます。

「履歴/予定帳設計」の関連業務情報

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク