新年度への更新 弥生給与 サポート情報

ID:idb93909

新年度への更新前の確認事項

新年度へ更新して年末調整処理を終了すると、前年度の年末調整明細の入力や修正、源泉徴収票や源泉徴収簿などの資料の作成はできません。新年度へ更新する前に、次の作業が終了しているかを確認します。

  • 年末調整明細の入力、修正、および過不足年税額の精算が全従業員について終了しているか
  • 過不足税額一覧表や源泉徴収票、源泉徴収簿などの印刷がすべて終了しているか
  • 支給額が確定している処理中の給与(賞与)をロック、または給与の更新(賞与の終了)をしているか

    支給額が確定している処理中の給与(賞与)は、必ずロック、または給与の更新(賞与の終了)をしてください。

    給与(賞与)明細書のロックとロック解除方法 給与の処理を翌月に更新したい 賞与計算の終了

    ※支給額が確定していない給与(賞与)は、そのままで問題ありません。

新年度へ更新する

  • クイックナビゲータの[年末調整]カテゴリから[終了して新年度へ]をクリックします。
    または、[年末調整]ウィンドウで、年末調整メニューの[年度更新]から[終了して新年度へ]をクリックします。

    [新年度更新]ダイアログが表示されます。
    新年度への更新を年末調整ナビから行う場合は、[年末調整ナビ]-[7.新年度へ更新しよう]を参照してください。

    システムふせん(赤いふせん)が貼られている場合

    「この年末調整の処理を進めるためにはシステムふせんの内容を確認する必要があります」とのメッセージが表示される場合があります。
    これはシステムふせん(赤いふせん)が貼られているため、処理年度の更新を行うことができない状態です。システムふせん(赤いふせん)をはがしてから、処理年度の更新を行います。
    システムふせん(赤いふせん)のはがし方

  • [新年度に更新]ボタンをクリックします。 [処理年度の確認]が表示されます。[処理を続ける]をクリックします。
  • [バックアップ]ダイアログが表示されます。バックアップファイルの保存場所を指定し、ファイル名を確認して、[OK]ボタンをクリックします。

    新年度へ更新したときのファイル名には、自動的に年末調整の年度が付加されたファイル名が付けられます。

    バックアップファイルの名称について

    年度更新時のバックアップファイルの名称は、以下のように初期設定されています。
    「(株式会社○○などの)データ名称_○○年度年調更新_給与XX」
    年末調整年度がわかる名称のまま変更せずに保存し、通常時のバックアップファイルとは別に管理してください。

    年末調整の処理年度を新年度に更新後、前年度の源泉徴収票の印刷や、年末調整をやり直す場合

    年末調整処理の終了後に、源泉徴収票の印刷や年末調整をやり直す場合は、年末調整処理の終了時に作成したバックアップファイルを復元します。
    令和2年分に更新後、前年(令和1年分)の源泉徴収票およびその他資料を印刷したい

    前年の年末調整時点のバックアップファイルを別途保存している場合

    年度更新はバックアップを実行せずに行うことができません。
    前年の年末調整時点のバックアップファイルを別途保存している場合は、ここで保存したバックアップファイルは必要に応じて削除してください。

  • クイックナビゲータの画面に戻ります。 ここまでの操作で年末調整処理年度の更新は完了です。
  • ステータスバーから、年末調整の処理年度を確認してください。

「新年度への更新」の関連業務情報

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク