データの送受信 弥生会計 サポート情報

ID:idb112829

会計事務所(税理士)と顧問先との間で、事業所データをやり取りするための機能として、データの送受信があります。

データの送受信は、同一バージョンの弥生会計製品間で行えます。送信元と受信先の製品バージョンが異なる場合は、送受信は行えません。
なお、やよいの青色申告にはデータ送受信機能がないため、やよいの青色申告とのやり取りはできません。

データの送受信機能では、会計事務所から顧問先へ、または顧問先から会計事務所へ、事業所データを電子メールやファイルで送ることができます。
送られてきたデータを取り込むことで、相手先で入力された仕訳などのデータを取り込んで、双方の事業所データを同じ状態にすることができます。

電子メール Microsoft Outlook 2013以降を使って、データを電子メールに添付して送信します。
Microsoft Outlook 2013以降が、通常使用する電子メールのプログラムとして設定されている必要があります。
ファイル 送信するデータを保存した送受信ファイルを作成します。

事業所データのバージョンとデータ送受信の関係(AEのみ)

データ送信を行った場合、開いている事業所データと同一バージョンの送信データが作成されます。作成された送信ファイルは、送信ファイルのバージョンと同一バージョンの弥生会計データで取り込むことができます。

弥生会計 AEで新規データとして送信ファイルを取り込んだ場合は、送信ファイルと同一のバージョンの事業所データが作成されます。データ受信については データの受信 を参照してください。

データ送受信を行う前に決定すること 送信データ/受信データの内容 繰越処理とデータの送受信の関係 会計事務所と顧問先でデータの送受信の流れ

◆ 弥生会計はグレードにより機能が異なります。本文中の一部の機能は、グレードによっては搭載されていないことがあります。
詳細の確認は弥生会計はこちら、やよいの青色申告はこちら

「データの送受信」の関連業務情報

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク