基本情報 弥生販売 サポート情報

ID:idb94094
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリの[基本情報]をクリックします。 [基本情報]ダイアログが表示されます。事業所データの新規作成後は、自動的に[基本情報]ダイアログが表示されます。
  • [住所情報]に事業所名や住所などを入力します。

    [事業所名]と[フリガナ]には、新規データ作成時に登録した情報が自動表示されます。必要に応じて変更してください。

    [基本情報]ダイアログ
  • [運用方法]タブをクリックし、伝票番号の付番方法や、端数処理の方法などを設定します。
  • [郵便払込情報]タブをクリックし、郵便払込に関する設定をします。 郵便払込情報は、売掛金の回収に郵便振込サービスを使用する場合のみ設定します。
  • [得意先コード]、[商品コード]、[仕入先コード]、[納入先コード]タブで、台帳コードに関する設定をします。

    台帳コードの自動付番の設定については、以下を参照してください。

    台帳コード

    [承認]タブは管理者権限のあるユーザーでログインした場合のみ表示されます。
    承認機能については、以下を参照してください。

    承認機能の概要
  • [OK]ボタンをクリックします。 入力した情報が登録されます。

    伝票番号について

    伝票番号は、[運用方法]タブで指定した[伝票の付番方法]と[伝票の付番時期]に基づいて付番されます。
    例えば、[伝票の付番方法]に「通期連番」、[伝票の付番時期]に「登録時決定」を選択した場合、伝票番号は、1会計期間を通じて連続の番号が伝票の登録時に付番されます。「登録時決定」では、伝票作成時に伝票番号は表示されず、番号の重複を防ぐことができます。
    また、自動表示された伝票番号は、伝票入力時に変更することができます。伝票番号は、現在の伝票番号より1つ後ろの番号から空き番号を探して付与されます。自動表示された伝票番号を変更すると、伝票番号に欠番が生じる場合や、連番にならない場合があります。


税区分の確認

[基本情報]ダイアログの[税区分表]ボタンをクリックすると、[税区分表]ダイアログが表示され、弥生販売に登録されている税区分を確認することができます。
「表示」欄が「〇」に設定されている税区分は、伝票入力時に[課税区分]のプルダウンメニューから選択することができます。
使用しない税区分を[課税区分]のプルダウンメニューから非表示に設定する場合は、「表示」欄をクリックして「×」に変更します。


データ情報の確認

[基本情報]ダイアログの[データ情報]ボタンをクリックすると、[データ情報]ダイアログが表示されます。弥生販売に登録されている台帳や伝票の情報、事業所データの保存場所が確認できます。

※上図はプロフェッショナルの画像です。

項目 説明
会計期間 [システム日付]を含む会計期間が表示されます。
システム日付 使用しているコンピューターのシステム日付が表示されます。
伝票最終入力日付

各伝票の伝票日付で、入力されたものの中から一番新しい日付を表示します。
入力した順番や、実際に入力を行った日付は影響しません。

例えば、売上伝票で「2021年1月31日」と「2020年12月20日」を続けて入力した場合、[売上]には「2021年1月31日」が表示されます。
登録件数 伝票の明細、商品、得意先、仕入先の各項目について、事業所データに登録されている件数を表示します。
データの場所 事業所データを保存しているサーバー名と、事業所データのデータベース名が表示されます。


◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

「基本情報」の関連業務情報

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク