データの新規作成 弥生会計 サポート情報

ID:idb93789

データ作成前に準備する資料や、データ作成時に設定する内容について確認します。

事業所データの作成の流れ

次の順番で事業所データを作成します。

事業所データの新規作成ウィザード

事業所データを作成します。

法人の事業所データの作成 個人の事業所データの作成

消費税設定ウィザード

事業所の消費税処理について基本的な設定を行います。後から、[消費税設定]で設定、変更することができます。

消費税設定ウィザード 消費税の設定

導入設定ウィザード

現金の開始残高や、預貯金、得意先(売掛金)、仕入先(買掛金)の情報、開始残高を設定します。本年度から開業する場合は設定の必要はありません。

導入設定ウィザード

作成した事業所データで、事業所情報や科目などの基本情報の設定や、開始残高の入力を行います。
弥生会計で行う作業の流れ で事業所データの作成後の作業を確認してください。

事業所データに保存できる会計期間

弥生会計では、1つの事業所データ(1ファイル)に3期(3年)のデータが保存されます。次年度への繰越処理を行うと、本年度の会計データが保存され、各種設定などが引き継がれた次年度のデータ領域が作成されます。

繰越処理の概要

準備する資料

事業所データの作成や消費税の設定をする前に、次のような書類や情報を用意してください。

  • 前年度の決算書(青色申告決算書または収支内訳書、損益計算書や貸借対照表)や残高試算表など、勘定科目や期首残高がわかる資料
  • 補助簿(預金出納帳、売掛金元帳)など、補助科目や期首残高が確認できる資料
  • 前年度の消費税申告書、税務署届出書など、消費税設定に際して確認できる資料
    消費税に関する届出、消費税の取り扱い、用語などの不明な点は、市販の書籍を参照するか、税理士や税務署などに確認してください。
  • その他に現在使っている帳簿、伝票など

データの作成方法

事業所データの作成には、次の3つの方法があります。

新規に事業所データを作成

新しい事業所データを作成します。勘定科目などの設定は弥生会計の初期値で作成されます。

法人の事業所データの作成 個人の事業所データの作成
データテンプレートを利用してデータを作成

データテンプレートから勘定科目などの設定を読み込んで事業所データを作成します。

データテンプレートを利用してデータを作成
既存のデータを複製してデータを作成

既存の事業所データの設定内容を複写した新しい事業所データを作成します。

既存データを複写してデータを作成

データ作成時の設定内容

事業所データの作成では、作成時に次の情報を設定します。
「×」の項目は、データ作成後の変更はできません。

設定項目変更設定内容
事業所名事業所データ名を指定します。
《法人》
法人番号
法人番号を13桁で入力します。
勘定科目体系×法人、個人から選択します。個人には、「一般」「農業」「不動産」があり、科目体系に応じた勘定科目が初期設定されます。
《個人》
申告書の種類
青色申告か、白色申告(収支内訳書)かを選択します。
決算期・決算日
(会計年度)

法人は決算期と期首日、個人は会計年度を指定します。期首日と年度は変更できません。

法人の場合は、繰り越し時に、次年度の期首日を変更することができます。
科目オプション

業種(製造業や不動産など)に特化した勘定科目の使用の有無を選択します。この設定の有無や選択肢は、選択した勘定科目体系により異なります。

設定すると取り消すことができません。データ作成時に設定しなかった場合は、後から[事業所設定]で設定することができます。
《法人》
中間決算の有無
×

中間決算整理仕訳の入力の有無を選択します。「中間決算整理仕訳を行う」と設定した場合は、次のことができます。

  • 決算整理仕訳を「本決算」と「中間決算」とで区別して入力できます。
  • 集計表では中間決算整理仕訳の集計と、本決算整理仕訳の集計を個別に行うことができます。
データ形式(AEのみ)×

作成する事業所データのデータ形式を選択します。

データ形式
電子帳簿保存

新規作成時、または繰越処理時に設定できます。設定すると、データの変更履歴を記録することができます。また、電子帳簿保存を使用する場合、次の機能が使用できません。

  • データ送受信での差分データの送信、受信
    すべてのデータの送受信のみが可能です。
  • 分散入力データの作成

<プロフェッショナル 2ユーザー/ネットワーク/AEのマルチユーザーの場合>

いつでも事業所設定から電子帳簿保存の使用(オン)設定をすることができます。ただし、後でオフにすることはできません。事業所データを作り直す必要があります。
仕訳承認×

<プロフェッショナル 2ユーザー/ネットワーク/AEのマルチユーザーの場合>

仕訳の承認機能を使用するかを選択します。仕訳の承認機能を使用(オン)に設定した場合、後でオフにすることはできません。なお、繰越処理後も設定は引き継がれます。


◆ 弥生会計はグレードにより機能が異なります。本文中の一部の機能は、グレードによっては搭載されていないことがあります。
詳細の確認は弥生会計はこちら 、やよいの青色申告はこちら

「データの新規作成」の関連業務情報

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク